AX

FP(エフピー)でHappy(ハッピー)

FP(ファイナンシャルプランニング)の技法を使って幸せな生活を送ろう! FPに興味がある方、これからFPになりたい方、バリバリのFPだよ~って方。 お金に関する事、FP試験に関する情報交換の場です
カテゴリー  [突然あなたが死んで残された家族の生活は? ]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

交通事故! 

こんにちは。FPハッピーです。
飲酒運転が多いみたいですね。
お酒に強い人、弱い人いろいろです。
遺伝の要素もあるみたいですね。

遺伝子の組み合わせでいうと、
お酒の強い人は  AA
少しはのめる人は AB
全然飲めない人は BB
の3種類あるようです。
いくらお酒に強いといっても、
「飲んだら乗るな。乗るなら飲むな」です。

ランキング参加中!
お金とFPのお得な情報満載!こちらです→FPブログランキングへ
FC2ブログはこちら~株式・投資・マネーその他、スキルアップ・資格など~
FC2 Blog Ranking
投資ブログで投資の勉強
投資ランキング
____________________________
今回のケースはかわいそうなケースです。
サラリーマンの志井さん(40歳)は、自宅付近を散歩中に自動車にはねられ即死しました。

志井さんの遺族は3人です。
・妻:37歳、専業主婦(勤務経験は結婚前の5年間のみ)
・長女:10歳、小学校4年生
・長男:7歳、小学校1年生

<志井さんの勤務歴等>
・大学卒業後亡くなるまで18年6カ月間、一社に勤めていた。
・この期間、志井さんは厚生年金保険および政府管掌健康保険の被保険者であった。
・平均標準報酬月額:35万円、平均標準報酬額:50万円

<志井さんの財産等>
①財産
・自宅マンション(敷地の共有持分も含む):2000万円(相続税評価額)
志井さん死亡直前の住宅ローン残高は2000万円(ただし、団体信用生命保険付)
・家財等:500万円(相続税評価額)
・預貯金等:500万円(相続税評価額)

②志井さんの死亡に伴う一時金(受取人はすべて妻)
・会社からの退職金:1500万円
・生命保険金(保険料負担者は志井さん):3000万円
・傷害保険の死亡保険金(保険料負担者は勤務先の会社):1000万円
・加害者側からの損害賠償金:8500万円

③遺族年金

志井さんは、仕事も家庭も順調で、勤務先にもほど近いところに新築マンションも買い、下の子も小学校に入って楽しい盛りでした。
そんな矢先の突然の不幸。
おくやみ申し上げます。

奥さんの意向としては、
・今までどおり、子供2人とともに自宅マンションに住み続けたい。
・少なくとも長男が中学校に進学するまでは、専業主婦を続けたい。

自分自身の身に、こんなことは起こらないとも限りません。
みなさんは、こんな状況考えたことはありますか。
____________________________

こっちのほうが役にたつかも?!
↓↓↓↓↓↓↓↓
お金に関する詳しい情報をFPが発信!!FP資格にも対応
FC2ブログランキング
投資ブログランキング

トップページ入口



スポンサーサイト

遺族基礎年金 

一家の大黒柱が突然の死。
残された家族は・・・

志井さんの家族を例にしてちょっと考えてみましょう。


まず、遺族年金についてです。
当面、妻が受給できる遺族基礎年金、遺族厚生年金の金額はいくらなんでしょうか?
この金額はしっかり把握しておきたいですね。

ランキング参加中!
お金とFPのお得な情報満載!こちらです→FPブログランキングへ
FC2ブログはこちら~株式・投資・マネーその他、スキルアップ・資格など~
FC2 Blog Ranking
投資ブログで投資の勉強
投資ランキング
___________________________
遺族基礎年金の年金額]
遺族基礎年金は定額であり、障害基礎年金と同様に、国民年金の加入期間の長短によって支給額は変わりません。
「子のある妻」の場合、年額79万2100に生計を同一にする2人目までの子につき年額22万7900円、
3人目以降の子1人につき7万5900円を加算した額が支給される。
妻がいない場合で「子」が受ける遺族基礎年金の額は、子1人のときは年額79万2100円。
子が2人のときは年額22万7900円を加算して102万円。
3人以上のときは102万円に1人増すごとに7万5900円を加えた額が加算される。

志井さんの場合は、
子供が2人いるので、

794500円+228600円+228600円=125万1700円

[寡婦年金]
第1号被保険者の独自給付である。
第1号被保険者として老齢基礎年金の受給資格期間を満たした夫が、老齢基礎年金を受け取らないまま死亡した時に、
その者の妻に支給される年金です。

志井さんは、サラリーマンだったので(第2号被保険者)、この給付はありません。

[死亡一時金]
国民年金の第1号被保険者として保険料納付期間の月数と保険料半額免除期間の2分の1との合計が3年以上ある者が
老齢基礎年金、障害基礎年金のいずれも受給することなく死亡した場合に、
その遺族に一時金として支給されます。
(平成18年7月以降は、4分の1免除期間の4分の3、4分の3免除期間の4分の1に相当する期間も合算されるようになりました)

その金額は、期間によって変わってきます。
12万円~32万円です。

これもサラリーマンだった志井さんには支給はないですね。

よって、
794500円+228600円+228600円=125万1700円

125万1700円が遺族基礎年金の給付額です。

寡婦年金も死亡一時金も志井さんにはありませんが、
厚生年金に加入していたので、遺族厚生年金の受給が受けれます。

しかし、これの計算が複雑なんですよ。
だから、遺族厚生年金の額の計算は次回ということで。
___________________________

こっちのほうが役にたつかも?!
↓↓↓↓↓↓↓↓
お金に関する詳しい情報をFPが発信!!FP資格にも対応
FC2ブログランキング
投資ブログランキング

トップページ入口




遺族厚生年金 





ご来場ありがとうございます
今人気のブログを見るならこちら
↓↓↓↓↓↓↓
■人気blogランキングへ
■FC2 Blog Ranking
■投資ランキング
訪問者数累計:
現在の閲覧者数:
無料カウンター
クリックご協力ありがとうございます
プロフィール

FPハッピー

Author:FPハッピー
兵庫県津名郡(現:洲本市)出身
京都の仏教の大学を卒業
商品先物取引の会社に勤務後
現在、不動産屋勤務
[保有資格]
宅建
マンション管理士
FP2級など

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。